こんにちは、管理人です。

インナーチャイルドは、子供のころに傷ついた心の象徴です。

傷ついた小さな心を癒してあげることで、本来の自分の姿を取り戻すことができます。

インナーチャイルドを癒す方法はいくつかありますが、パワーストーンも効果的といわれています。

今回は、インナーチャイルドに効果のあるパワーストーンを紹介します。

インナーチャイルドは子供のころの傷ついた自分

誰でも子供時代の経験を心の奥深くに記憶しており、その中には、楽しい思い出、良い思い出、そして当然悪い思い出もあることでしょう。

しかし、思い出とは別に、自分が意識していない潜在意識として記憶されているものがあります。

本来、子供とは、自由に感情を表現し、熱中し、時に自己中心的で、自分の信じたい人を信じるという自由な存在です。

しかし、ある事件をきっかけに心が傷ついてしまい、本当の自分を押し殺してしまうケースがあります。

この傷ついた心の象徴がインナーチャイルドであり、癒されないインナーチャイルドを抱えたまま大人になった時、行動パターンや思考に影響を与えるといわれています。

インナーチャイルドを癒すパワーストーン

インナーチャイルドを癒すことは、自分自身を癒すことにつながります。

パワーストーンを身に着けることで、インナーチャイルドを癒すことができます。

パワーストーンはそれぞれが意味を持ち、自分の思いとパワーストーンの意味や作用が一致した時、その効果を発揮します。

ですので、どのパワーストーンでもよいというわけではありません。

インナーチャイルドを癒す効果のあるパワーストーンを選びましょう。

パワーストーンの使い方としては、ネックレスやブレスレットなどとして常に身につけたり、部屋の目に付くところに置いて使うこともできます。

心が痛む時に眺めることで心の拠り所となることでしょう。

水晶イン水晶(貫入水晶)

水晶の中に、別の水晶が貫入されている水晶です。

それはまさに、人間の体の中に存在する魂を感じさせ、自分の内面に秘められた純粋な心を表すようです。

貫入水晶は、インナーチャイルドクォーツ、クォーツインクォーツ、ペネトレーター、マニフェテーションなどと呼ばれ、心を癒すために大変効果が高いことで知られています。

心の傷を吸収し、心の奥底に潜む苦しみを癒します。

マザーオブパール

「真珠の母」という名のマザーオブパール。真珠を作るための貝を意味しています。

子宝や繁栄を象徴するマザーオブパールは、母性愛を高め、育児する母を見守るなど、女性としての内面的な魅力を引き出してくれます。

また、母が傷ついた子供を抱きしめるように、心の中の傷を優しく癒す効果もあります。

気持ちを安定させ心を落ち着かせてくれるのです。
マザーオブパール ハート

マザーオブパール

ローズクォーツ

ローズクォーツは、自分を大切にすることや人を大切にすることを教えてくれるパワーストーンです。

愛や優しさを意味し、心の中の愛情に対するモヤモヤした気持ちや、心の傷を癒す効果もあります。

ローズクォーツ

ブルーレースアゲード

ブルーレースアゲードは、メノウの一種です。

パステル調の柔らかな空色に、レースのような白い島模様が入っています。

優しい癒しのエネルギーをもち、精神的、肉体的に疲れ切った体を休ませる効果があります。

つい頑張りすぎてしまう人、自分でオンとオフの切り替えができない人など、緊張した体と心を休ませ、リラックスさせる効果がありますので、ネックレスなどとして身に着けて利用されるといいでしょう。

また、怒りや恐怖感など、ネガティブな感情を和ませて癒してくれます。

アゲート(瑪瑙 めのう)

フローライト

脳や海馬を活性化させ記憶力を高めたり、悩みや迷いのある人に対して、エネルギーを浄化し問題解決の糸口を見つけさせる力があるといわれています。

同時に、天才の石とも呼ばれ、子供のころの自由で無邪気な発想を呼び戻させ、柔軟な思考力を高めるという力もあります。

大人になるにつれて、固定観念にとらわれたり、感情を抑圧してしまったりしたとき、フローライトは効果を発揮します。

ネガティブな感情を解消し、傷ついてしまったインナーチャイルドの心を解き放つためにも役立つでしょう。

フローライトには、グリーン系、パープル系、グラデーションカラーのものがあり、多少その効果が異なります。

グリーン系は癒しの効果が高いです。

パープル系は感受性や明晰性を高める効果が高い傾向にあります。

グラデーションカラーのものは、創造力を高める効果が高いといわれています。

パワーストーンの浄化

パワーストーンには、浄化が必要です。

パワーストーンは使っていくうちに、使っている人のエネルギーを吸収していきます。

そのため、浄化することで、パワーストーンのエネルギーをリセットし、自然界にあったときと同じ個性的で繊細なパワーに戻すことが必用なのです。

使用していく上での汚れや穢れを祓うこととは違います。

パワーストーンがもともと持っている繊細なエネルギー、これを元に戻すという作業です。

浄化方法には、お水を使う浄化、土を使う浄化、水晶を使う浄化、水晶を使う浄化、お香やセージを使う浄化などがあります。

お水で浄化

お水を使う浄化は、特に手軽な方法です。

天然水を使ってサッと洗い流すだけで浄化することができます。

水道のお水でも大丈夫ですが、浄化の効果という意味では天然水の方高いといえます。

お水を使う浄化は手軽でよいのですが、ターコイズ、アンバーなど柔らかい石は向いていません。

金属系のパイライトやヘマタイトも酸化しやすいので注意が必要です。

土で浄化

土を使う方法は、パワーストーンにとって最も心地よい浄化方法です。

土から生まれてきたパワーストーンですので、優しく土に埋めてあげるだけでも、本来の個性的なエネルギーを取り戻すことができます。

一週間ほど埋めてあげるとよいでしょう。

土を使った浄化方法は、どんなパワーストーンでも使える方法です。

水晶で浄化

水晶を使う方法では、結晶群でも、さざれ石でも同じ効果が得られますが、さざれ石は価格も手ごろで使いやすいでしょう。

水晶は浄化の効果がとても高い石で、寝ている間にパワーストーンを水晶の上に置いておけば、朝にはきれいに浄化されています。

使っていくうちに曇ったり割れたりしたさざれ石があれば取り除き、少しずつ補充してあげてください。

セージで浄化

セージを使う方法も一般的になってきました。

元はネイティブアメリカンの人たちが利用していたもので、浄化力がとても強いという特徴があります。

乾燥したセージの葉一枚に火をつけて吹き消し、お香のように煙が出たところでパワーストーンをその煙にくぐらせます。

セージの効果は大変高く、お部屋や空間の浄化にも効果があります。

《まとめ》

インナーチャイルドを癒すパワーストーンをご紹介しました。

子供のころの傷ついた心の象徴であるインナーチャイルドは、自分の分身です。

インナーチャイルドが癒されないまま大人になった時、自分の思考や行動になんらかの影響を及ぼします。

生きずらいと感じた時、インナーチャイルドを癒してあげて下さい。

パワーストーンを使うことで、インナーチャイルドを効果的に癒すことができます。

様々な種類のインナーチャイルドの癒しに有効なパワーストーンがありますので、好きな石を選び、癒しのエネルギーをもらいましょう。

口コミで人気の電話占い 

実力のある人気占い師が在籍している電話占いの紹介です。

  1. 電話占いピュアリ 

    ピュアリは口コミランキングで1位の電話占いです。

    無料で10分の占いができるので、恋愛運をちょっとだけ知りたいというような使い方もOKです。

    本物の占いを無料体験 口コミNo.1のピュアリ☆